2014年12月13日土曜日

2羽の雀の刺繍

冬になり、気温が冷えてきて、庭に来る雀たちも、夏の頃よりふっくらと丸くなってきています。

地面の上を、ピョンピョンと両足で跳ねて、食べ物を探している姿は、とてもかわいらしいです。

今回は、そんなかわいらしい雀たちを刺繍(ニードルペインティング)しました。

下絵です。
親子のように、大きさに差をつけてみました。

















布に、下絵の線を写し、
まず、あんよから刺繍を始めました。


straight stitch で足と指のラインを刺しておいてから、そのラインを包み込むように、satin stitch












小雀ちゃんの体の下の方からベージュ系の色の、濃淡の刺繍糸を使って、刺しゅうし始めました。

















胸の上の方に上がってくるに従って、明るいベージュ色に、なっています。

















胸のわきの部分は、翼にかかってくるので、少し刺し残しておいて、先に、翼の模様を刺繍しました。


上の写真よりも、暗く映った分だけ、糸の光を反射しすぎず、胸の羽毛の色の変化が分かり易いかしら。













胸の羽毛を翼側に少し重ねるようにして、首から下は完成です。

















小雀ちゃんの頭から、目の周りを刺繍して、クチバシまで来ました。



このままだと、目が入っていないので、非常に、不気味に見えます。

刺繍している私自身も、怖さを感じます。

コワ~~~








目と、クチバシを刺繍して、小雀ちゃんは、ひとまず完成です。


大きな方のすずめ。
体の前側部分

















続いて、しっぽ。



















次に、すずめの左側の翼を刺繍してから、腰から背中にかけて刺し埋めてきたのですが、ステッチ向きが、背の上に行くにしたがって、横向きになってしまいました。

左下から右上に斜めの方向に、刺していくつもりだったのに、。

失敗です。

この背中だけやり直しです。








不自然に横向きになっているステッチを、ほどいているところです。


手前の、右側の翼部分を刺繍する前に気づいてよかった。




翼の羽は、1枚ずつが輪郭線が白っぽいので、先に輪郭線を刺しておいてから、羽の中を刺し埋めていきました。






翼の上の部分と背中まで。



















頭と目の周り。
くちばしは、少しpadding をして、ふっくら見えるようにしました。













あともうすこしです。



くちばしと、目を入れて、
雀に命が吹き込まれたようになりました。


















もう1枚、少しだけ角度を変えて。


  
完成です。





2 件のコメント:

  1. awww... look like my little sparrows out in our garden.....

    返信削除
    返信
    1. Thank you for your comment Bumblevee. I like bird watching.

      削除