2015年4月17日金曜日

いちごの刺しゅう(3)

イチゴの刺しゅう(1)イチゴの刺しゅう(2)と、続いて、今回(3)で、ようやく完成。
いや、一応、ひとまず完成と言っておこう。
まだまだ、イチゴは、刺しゅうしてみたいモチーフだから。

前回(2)では、ここまで刺繍してあった。

イチゴの右上の空いている部分を、どのような色で、埋めていこうかと、しばらく悩んだ。

少し濃い目の赤を使った方が、完熟して、しかも、少し葉陰にある雰囲気が出るかしらと考えた。










このような感じに、なりました。



















左隣のイチゴは、実の上部に、まだ赤くなっていない青白い色を、入れました。

暗い影の赤から、生き生きとした赤、オレンジっぽい赤、サーモンピンク、薄い黄色、薄い緑色へと、色を変えながら、。

刺繍糸は、11色使いました。










次は、イチゴの実を1つ飛ばして、奥側にある、大きな実を刺しゅうしました。

前にあるイチゴの実の影が、右上にかかっているように見えるように、影の部分は、暗い赤で刺しゅうしました。

イチゴって、きれいな三角錐の形よりも、少し変形している実の方が、甘くておいしいって、思うんですが、普通には流通していないので、残念です。






変形したイチゴの実の手前のイチゴは、ようやく色付き始めたような色にしましょう。

赤は使わずに、濃いめのサーモンピンクから刺繍し始めました。

実の上に向かうにしたがって、薄い黄色から、薄い緑色へと、変化させようと思います。










右側の枠から切れているイチゴが、上の写真で刺繍していたものです。

 さあ、そして、最後のイチゴです。

まだまだ、小さい、青白いいちごです。
色は、かなり白いです。

下側に、影を入れました。










それぞれのイチゴの実に、ヘタを刺しゅうしました。


まだ、種を刺しゅうしていないので、
イチゴの実が、何かのっぺりしているように見えます。













イチゴの、白い花を、刺しゅうしました。

花びらは、イチゴの刺しゅう(1)では、long and short stitch で刺繍しましたが、めしべで、花の中心寄りが、かなりの範囲で隠れてしまうので、今回は、satin stitchで刺繍しました。











上の上の写真で、刺しゅうし終わっていたイチゴの実の表面に、種を刺しゅうしました。

山吹色、ピンク、緑色などを使って、そのイチゴの熟し方の様子に従って、種の色を変えました。

seed stitch です。












つやつやとした、光の反射を、少し黄色っぽい白で、種の周囲に刺繍しましたが、
どうも、この反射というものが、一番の難関のようです。
どうしたらいいものか悩んでいます・・・・


5 件のコメント: